Paperdome

HD150:半球ドーム工作キット
HD150:半球ドーム工作キット

¥ 45,360

サラダボールのような半球の形をした、内部の直径が約150cm奥行きが約77cmのハーフドーム型スクリーンの、ダンボール製の組立工作キットです。

壁に立て掛けたり、スクリーン周囲の構造枠にスタンドを取り付けて斜めに傾斜させたり、完成時約5kgの軽さを活かして建物の天井や壁から吊り下げるなど、比較的自由な設置が可能なドームです。

いままでは、ドームの中に体験者(鑑賞者)が移動&入る必要がありましたが、体験したい人の周囲にドームを被せたり立て掛けるなど、人に合わせて投影環境を構築することが可能になった、真のモバイルなドーム型スクリーンとなります。

開発のキッカケは「病床の子供達に星空を見せてあげたい」というご相談。その活動に賛同し勝手に開発をスタート。ちょっとオーバースペック気味なのですが...ベットの上に被せるように設置できるような形状&もしもの時も軽量かつ柔らかい段ボール製で、極力人が傷つかない様にデザインしました。

組立想定時間は1人で3時間程度ですが、工程は2つに分かれています。
小さな部品をある程度大きな部品に予め合体させておく「事前組立(組立&接着作業:約2時間)」と、その合体後の大きな部品を組み合わせる「本組立(ネジ等による組立作業:1時間)」です。
「事前組立」は、最初だけ必要な組立工程なので、2回目以降は「本組立」だけで済む仕組みです。
そのため平日何日か又は複数人で分担して「事前組立」を済ませておき、週末現場で一気に「本組立」を行うなど、工夫次第で組立負荷を分散できます。

ジオデジックドームに詳しい方には「4V」と言えば、かなり細かな面数で分割されている=より球面に近い形状であることが分かるかと思います。
総三角面数は、半球で178面。もちろん全ての面がドームの中心に面しています。

ただし、価格を抑えるためにドーム自体を支える支持材(スタンドなど)が、パッケージに含まれていません。プロジェクターなどの投影環境と同様、別途ご用意いただく必要があります。
なお段ボールの性質上、繰り返しての組立&分解は3回程度が目安となります。
また、上記参考写真中のプロジェクターおよびスタンドなどの支持材は、パッケージに含まれていません。

【購入前のご注意】
本製品は、受注販売となります。
※注文確定後製造されます。
その性格上、注文後の返品&返金は受け付けておりません。ご了承ください。
購入前のお問い合わせは、hello@paper-dome.comまでお願いします。

本商品の詳細は、後日以下のサイトに掲載予定です。
https://paper-dome.com

【納期について】
本製品は、正式受注後、通常約1〜3週間ほどでお届けしております。
お急ぎの場合は、注文時にお伝えいただければ、できる限りの対応をさせていただきます。
※最短で1週間。それ以上の短縮は難しいとお考えください。

BasicVR開口部付キット
BasicVR開口部付キット

¥ 80,212

開発および検証スピードが求められる新領域分野「VR(バーチャル・リアリティ)」、およびプラネタリウムなどのプロジェクションの世界で、ご活用いただくことを目指し開発された、高さ2m最大幅2.6mの日本最大級の屋内用段ボール製ドーム型スクリーン「BasicVR」と、車イスで出入り可能な幅86cm高さ136cmの「開口部」がセットになった組立キットです。

スクリーン部分は、軽量かつ正確な組立てで内部空間ができるだけ球状になることを目指し、135面もの三角面をドームの中心に向けて配置、1種類のパネルモジュールを組み合わせるモジュラーパネル方式(意匠登録済)を採用し、組立の簡単さと精度とコストのバランスの取れたデザインを開発。完成すると、ドーム全体が一体化&より強固になる、モノコック構造の自立型のドーム型スクリーン(以下ドーム)になる様設計されています。
※開口部を取り付けると、その部分の投影面が減少します。

開口部は、スクリーンの一部の部品を取り外して組み込みます。
ドーム形状の維持を目標に開発された開口部は、スクリーン部分の歪みが生じない様慎重に設計されているので、開口部の有無で投影面に影響がでることはありません。
ドームが変形することなく開口部を設けたい場合に最適な組み合わせとなっています。
開口部の組立想定時間は、1〜1.5時間。
ドーム型スクリーン本体とは異なり、個々の部品がユニークな形状をしているので、付属の「組立方ガイド」を見ながら迷うことなく組み立てられます。

BasicVRのスクリーン部分は、パネルに開いた穴にプラスチック製のネジ「プラネジ」を通して留めることでパネル同士を接続する、誰でも簡単に組み立て&解体可能で、使わない時は分解してコンパクトに収納可能です。
※段ボールの性質上、繰り返しての組立&分解は3回程度が目安となります。
開口部は、分解するのが難しい箇所が含まれているため、組み立てたらその部分一式を形が崩れない様に保管していただく必要があります。


【購入前のご注意】
本製品は、受注販売となります。
※注文確定後製造されます。
その性格上、注文後の返品&返金は受け付けておりません。ご了承ください。
購入前のお問い合わせは、hello@paper-dome.comまでお願いします。

本商品の詳細はpaper-dome.comでご確認ください。

【納期について】
本製品は、正式受注後、通常約2〜3週間ほどでお届けしております。
お急ぎの場合は、注文時にお伝えいただければ、できる限りの対応をさせていただきます。

ProVR開口部付きキット
ProVR開口部付きキット

¥ 126,144

開発および検証スピードが求められる新領域分野「VR」、およびプラネタリウムなどのプロジェクションの世界で、ご活用いただくことを目指し開発された、高さ2m最大幅2.6mの日本最大級の屋内用段ボール製ドーム型スクリーン「ProVR」と、車イスで出入り可能な幅91cm高さ133cmの「開口部」がセットになった組立キットです。

軽量かつ正確な組立てで、内部空間ができうるかぎり球面になることを目指し、375面もの三角面をドームの中心に向けて高精度に配置するために、2種類のパーツを組み合わせるモジュラーパネル方式(意匠登録取得済)を開発。
完成すると、ドーム全体が一体化&より強固になる、モノコック構造の自立型のドーム型スクリーン(以下ドーム)になる様設計されています。
※開口部を取り付けると、その部分の投影面が減少します。

開口部は、スクリーンの一部の部品を取り外して組み込みます。
ドーム形状の維持を目標に開発された開口部は、スクリーン部分の歪みが生じない様慎重に設計されているので、開口部の有無で投影面に影響がでることはありません。
ドームが変形することなく開口部を設けたい場合に最適な組み合わせとなっています。
開口部の組立想定時間は、1.5〜2時間。
ドーム型スクリーン本体とは異なり、個々の部品がユニークな形状をしているので、付属の「組立方ガイド」を見ながら迷うことなく組み立てられます。

ProVRは、パネルに開いた穴にプラスチック製のネジ「プラネジ」を通して留めることでパネル同士を接続する、誰でも簡単に組み立て&解体可能で、使わない時は分解してコンパクトに収納可能です。
※段ボールの性質上、繰り返しての組立&分解は3回程度が目安となります。
開口部は、分解するのが難しい箇所が含まれているため、組み立てたらその部分一式を形が崩れない様に保管していただく必要があります。

【購入前のご注意】
本製品は、受注販売となります。
※注文確定後製造されます。
その性格上、注文後の返品&返金は受け付けておりません。ご了承ください。
購入前のお問い合わせは、hello@paper-dome.comまでお願いします。

本商品の詳細は
https://paper-dome.com
でご確認ください。

【納期について】
本製品は、正式受注後、通常約2〜3週間ほどでお届けしております。
お急ぎの場合は、注文時にお伝えいただければ、できる限りの対応をさせていただきます。

BasicVR:全周ドーム型スクリーン
BasicVR:全周ドーム型スクリーン

¥ 55,200

開発および検証スピードが求められる新領域分野「VR(バーチャル・リアリティ)」、およびプラネタリウムなどのプロジェクションの世界で、ご活用いただくことを目指し開発された、高さ2m最大幅2.6mの日本最大級の屋内用段ボール製ドーム型スクリーン組立キットです。

軽量かつ正確な組立てで内部空間ができるだけ球状になることを目指し、135面もの三角面をドームの中心に向けて配置、1種類のパネルモジュールを組み合わせるモジュラーパネル方式(意匠登録申請中)を採用し、組立の簡単さと精度とコストのバランスの取れたデザインを開発。完成すると、ドーム全体が一体化&より強固になる、モノコック構造の自立型のドーム型スクリーン(以下ドーム)になる様設計されています。

BasicVRは、パネルに開いた穴にプラスチック製のネジ「プラネジ」を通して留めることでパネル同士を接続する、誰でも簡単に組み立て&解体可能で、使わない時は分解してコンパクトに収納可能です。
※段ボールの性質上、繰り返しての組立&分解は3回程度が目安となります。

【プロダクト更新記録】
2016年2月22日:BasicVR-Ver1.0 販売スタート
2016年6月24日:BasicVR-Ver2.0 にアップデート
 主なアップデート内容は以下の通り
 1)段ボール厚を2倍に=遮光性&強度の向上
 2)部品数の削減=組立&分解時間の短縮&梱包エラーの削減
 3)部品取り調整=梱包&収納時のコンパクト化
 アップデートの詳細は以下に掲載されています。
  https://paper-dome.com/2016/06/27/basicvr-dome-updated/


【購入前のご注意】
本製品は、受注販売となります。
※注文確定後製造されます。
その性格上、注文後の返品&返金は受け付けておりません。ご了承ください。
購入前のお問い合わせは、hello@paper-dome.comまでお願いします。

本商品の詳細はpaper-dome.comでご確認ください。

【納期について】
本製品は、正式受注後、通常約1〜3週間ほどでお届けしております。
お急ぎの場合は、注文時にお伝えいただければ、できる限りの対応をさせていただきます。
※最短で1週間。それ以上の短縮は難しいとお考えください。

ProVR:全周ドーム型スクリーン
ProVR:全周ドーム型スクリーン

¥ 99,800

開発および検証スピードが求められる新領域分野「VR」、およびプラネタリウムなどのプロジェクションの世界で、ご活用いただくことを目指し開発された、高さ2m最大幅2.6mの日本最大級の屋内用段ボール製ドーム型スクリーン組立キットです。

軽量かつ正確な組立てで、内部空間ができうるかぎり球面になることを目指し、375面もの三角面をドームの中心に向けて高精度に配置するために、2種類のパーツを組み合わせるモジュラーパネル方式(意匠登録取得済)を開発。
完成すると、ドーム全体が一体化&より強固になる、モノコック構造の自立型のドーム型スクリーン(以下ドーム)になる様設計されています。

ProVRは、パネルに開いた穴にプラスチック製のネジ「プラネジ」を通して留めることでパネル同士を接続する、誰でも簡単に組み立て&解体可能で、使わない時は分解してコンパクトに収納可能です。
※段ボールの性質上、繰り返しての組立&分解は3回程度が目安となります。


【購入前のご注意】
本製品は、受注販売となります。
※注文確定後製造されます。
その性格上、注文後の返品&返金は受け付けておりません。ご了承ください。
購入前のお問い合わせは、hello@paper-dome.comまでお願いします。

本商品の詳細はhttps://paper-dome.comでご確認ください。
※学割に関する情報も記載されています。

【納期について】
本製品は、正式受注後、通常約1〜3週間ほどでお届けしております。
お急ぎの場合は、注文時にお伝えいただければ、できる限りの対応をさせていただきます。
※最短で1週間。それ以上の短縮は難しいとお考えください。

らくがきドーム キット
らくがきドーム キット

¥ 10,800

両面が白い段ボール製の、おウチで思う存分「らくがき」が楽しめる、幅約130cm、高さ約94cmの組み立て式段ボールドームです。
すべての部品のダンボールの切り口(小口)は、手を切り難いギザギザカット方式を採用。

エスキモーの簡易住居「イグルー」や日本の「かまくら」をイメージさせる形は子供達にワクワク感を呼び覚まし、自分だけの隠れ家や、友達との遊び場としても機能する、使って&描いて自分らしさを表現することができるキッズドームです。

もちろん、ドームの表面がらくがきで一杯になっても大丈夫。
専用工具でコネクターを外して、部品の裏表を逆に組み直せば、もう一度外側でらくがきを楽しむことが可能な、リバーシブルにお楽しみいただけるドーム型のらくがきキャンバスです。

組み立てると真ん中が膨らむ四角形モジュールと、真ん中に取り外せる穴が空いている三角モジュール、フローリングなどの滑りやすい床面で、ドームの広がりを防ぐ底面モジュールの3つで構成されていて、四角形モジュールと三角形モジュールを組み合わせて、独自の空間または巨大オブジェを構成する、空間構築の楽しみも提供する組み立て式玩具です。

また、利用しない時にはコネクターを外すことでフラットパネル化。薄く重ねてコンパクトに収納できます。
コネクターの外し方動画はコチラ▼
https://youtu.be/DtxIPBomvnM

こちらの商品は、商品の性格上ご注文後のキャンセルはできません。
不明点やご質問&ご確認などございましたら、些細な事でも構いませんので、お気軽に&必ずご注文前にお問い合わせください。

【プロダクト更新記録】
2017年4月1日:らくがきドーム(S) 販売スタート
2018年5月24日:らくがきドーム 2.0 にアップデート
 主なアップデート内容は以下の通り
 1)段ボールの厚みを3mmから5mmに=強度の向上
 2)外し易かったコネクターを専用工具で外す方式に=安全性の向上

【ご注意】
1)6才以上のお子様が対象です。
※小さな部品が使用されています。お子様が飲み込んだりしないよう、お取り扱いには十分ご注意ください。
2)完全に密閉すると、思っている以上に空気の出入りが遮断されます。必ず一箇所以上パネルを外すなど、開口部を設けて通風を確保してください。
3)段ボールは、水に弱い素材です。
水気のない場所、湿気の少ない場所、雨水の当たらない場所に設置してください。
4)段ボールは可燃物です。
ローソクなどの裸火やストーブなどの暖房器具を内部に設置したり、暖房器具の近くや温風が当たる場所への設置はできません。また照明器具やプロジェクターなどの、熱を発する機器近くには設置しないでください。
5)陽が当たると、内部は想像以上に高温になります。
陽が当たる場所への設置は避けてください。
6)段ボールの端部で手を切る場合があります。ご注意ください。
7)鉛筆などの尖った道具で突くと、反対側に突き抜け危険です。もし反対側で友達がらくがきを楽しんでいれば、傷つけてしまうことも考えられますので、先の尖ったものでのらくがきは避けてください。
8)小さなお子様でも、このドームに乗ることはできません。
潰れるので、上部によじ登らないでください。
9)一部の揮発性の高いマジックや塗料などをドーム内部でご利用の場合、気分が悪くなる場合があります。換気には十分気をつけて下さい。もし気分が悪くなった場合は、速やかに空気の清浄な場所で安静にし、必要に応じて医師の診断を受けて下さい。